2017年3月25日土曜日

東京タラレバ娘

東京タラレバ娘
                  
あらすじ(wikipediaより)
売れない脚本家の鎌田倫子は30歳で独身。彼氏もおらず、親友の山川香、鳥居小雪と居酒屋で女子会を繰り返す日々を送っていた。 「あの時、ああして“たら”違ってたかも」「もっと頑張って“れば”よかった」。そんな話ばかりしていると、突然、金髪のイケメン男子に「タラレバ女」と言い放たれてしまい、はたと厳しい現実にぶち当たる。「あれ? あたしたちってもう女の子じゃないの?」。以降、倫子は幸せを求めて悪戦苦闘しながらも、恋に仕事に奮闘していく。

第1話 あー幸せになりたい 恋に仕事に悪戦苦闘!!右往左往

第2話 急展開のキス!次の一手がわからない!!

第3話 恋に仕事に迷走中!?私の愛、どこだー!!

第4話 初めての大ゲンカ!!固い女の友情に亀裂

第5話 崖っぷちからの奇跡の出会い

第6話 幸せって、結婚って何だろう

第7話 突然のキス!!…仕事も恋もあきらめるにはまだ早い

第8話 私、妊娠したかも!?揺れる女心…振り返らず進め!!

第9話 会うのはこれが最後 不倫の結末とタラレバ男の涙!!

第10話 ついに最終回!!もがき続けた三人娘の幸せの行方!!

0 件のコメント:

コメントを投稿